リハライブレコーディングリハ

どうもドラム橋詰です。最近とてつもなく忙しいです。

忙しいのは良いことです。が、若干追われ気味です。

 

先ほど青柳 舞さんのレコーディングを終えました。

限られた時間の中でアーティストさんのイメージに近いものを提供するのはとてもやりがいを感じるし、

録音されたものを気に入ってくれたのならドラマー冥利に尽きるって感じです。

 

最近特に思うのは音造りの大切さ。

実際の演奏よりも、極端な話ですが大事だなと。

 

前回の日記にも通じる事ですが、先ずは気持ち良い、心地良い音が出せることなんだと思うんです。

 

まだまだ経験したいし冒険もしたい、そんな事を思う今日この頃です。

小太鼓

 

今日は楽器を購入しました。canopusのスネアドラムでメイプルという木を使用しています。
実は一年くらい前からメイプルのスネアをずっと欲しかったのですが、なかなかイメージ通りの楽器に出会えず悶々としておりましたが、やっと見つけました。今後のライブやレコーディングに大活躍の予感です。

他にも幾つかスネアドラムは持っていて、いまメインで使用してるのがPearlの5インチ半のバーチで、こいつは買ってからもう7年くらい使っています。ラピッドラビットの音源はほとんどこいつですね。少し硬めでキレがあってチューニングしだいで凄く良い音が出ます。ただライブハウスやスタジオによって相性が悪いと苦労します(笑)

ある意味、僕好みですね。
もう一つは同じくPearlのブラス5インチ半。
これはとっても丸い音がします。ガンガンにミュートするとソウルっぽい曲に良く合います。

今回購入したメイプルはこの2つの良いところを旨くブレンドした感じでしょうか、ハイからローまで良く鳴ってくれます。

まぁ楽器なんて演奏者の腕次第で良い音にも悪い音にもなるんですが、先ずは自分が叩いて気持ち良いことが大事。
ドラマーが気持ち良いことが良い音楽への近道の一つだと思います。

ってことで、次はシンバルだなぁ…。  


 

 

好き?嫌い?

ドラムの橋詰です。ラピッドラビットのメンバーとして日記を書くのは実に6年ぶり!?

時の経つのは…、なんて事はさて置き、今回は僕の好き嫌いについて。

 

この6年間でまぁ自分なりに音楽や他にも色々と向き合ってきたわけですが、

いま現在の一つの答えとして「少々めんどくさいくらいの、状況、人、モノ、音楽、楽器、生活等々」が好きだなと。

みんなそうなのかな…?

 

なんか燃えるんですよ(笑)なかなか鳴ってくれないスネアドラムとかね。

 

でも、そうやって自分の中の温度を上げてぶつかっていくと、ふと気づいた時に自分にとって、かけがえのないものになっていたり。

人間関係もそうだなって思います。僕個人の場合ですけど、最初「なんだこいつ!」てぶつかっちゃう奴が後々、最高のパートナーになったりする。

 

「好き」も「嫌い」も自分の心が揺り動かされてる事には変わりない。愛すべき存在なんだなぁって思います。

 

そんな、愛すべき!?「ラピッドラビット」(笑)

 

応援よろしくです!