「もしも」です

先日のラジオで流れた「もしも」聴いていただけたでしょうか。
「ザスタート」と違って再開後に出来た曲なので、
やっと「新曲できました!」と言える感じかもしれないね。
放送終了後は期間限定(ほんの数時間ですが)でSoundCloudで聴けるようにもしたり、
これはまたやる予定なので今回聴けなかった方は楽しみにしててください。

最近は別の曲が完成しまして、それを流すUSTREAMをやる予定です。
こちらもお楽しみに、よろしくお願いします!

以下、「もしも」の歌詞。

──────────────────

 

「もしも」

分かれ道に「もしも」が1つ 
2つのふたりを示していた 
ぼくときみの 
きみとかれの 
2つの別々の出来事

あの日 
校舎の屋上で見上げた花火 
その星が瞬き 
消える前に 
きみの手を取っていたのは

季節には思い出す 
夢の通りいけたなら 
「もしも」 
階段をかけおりて 
かわるがわる弾む息づかい 
そばにきみがいるよ

 

不意の電話 
「もしもし」の癖 
耳の向こうにあの日の温度 
つられて話す 
ぼくらの足跡 
聞き出せないまま辿っていった

4年ぶりの花火が理由作る 
背中押して戻った 
分かれ道に 
きみがふたりで待っていた

屋上へ上っていく 
手すりの先伝う手を 
「もしも」 
はっとして立ちどまる 
かわるがわる窓越しの光 
きみの指に点るよ

 

季節には繰り返す 
夢の通りいけぬまま 
「もしも」 
過ぎた日に目を伏せて 
かわるがわる耳を打つ音に

もしもきみが……

 

コメントを残す