テレキャス

ギター沢田です。

 

すっかり寒くなりましたね。朝起きるのがつらい。
もはや季節は冬です。グラコロ食べたい。

 

だいぶ前に愛器のES-335(赤いギター)の調子が悪くなってすっかりテレキャスターばかり弾いています。
まあ335が音痴になっちゃったのが原因なんですけどね。
(高い音だすと微妙に音程が狂う)
リペアメントだしても直らない。どうしたものか・・・
まあそれは置いといてもテレキャスの音もやっぱりいいですね。
ラピッドラビット「夕間暮れ」というCDはエレキギターはほとんどテレキャスのみで録音しました。
ES-335を持ってからは、万が一のときのサブギターとして
ステージには置いていましたが全く使う事がなかった!
オブジェ的な感じだった!
(当時、それだけES-335は問題なかったって事っす。)
しかしテレキャスターの音は、なんていうか「ザ・ギター」って音がするのがいい。
ザクザクと気持ち良い音も、クリアな音もいけます。
時々耳に付くような高い音がしちゃうのも含め、愛らしい音です。
テレキャスの伝道師なるべくいい音出したいなあ。

 

そろそろ年末。
大掃除もしないといけないが、そんな中コソコソと色々仕込んでいかなくては。
沢田でした。

コメントを残す