リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

ジョージ・ハリスンのリヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールドを見てきました。

 

若かりし頃のビートルズが動いている映像を見れただけで、見て良かったと思いました。

 

初期のビートルズは全員スーツを着て、爽やかな歌を歌っているというイメージを持っているのですが、デビュー前のリーゼントに革ジャンを着て、ビートの効いた曲をやっている方がかっこいいと思いました。

 

でも一番好きなのは後期ですね。いつも青版ばかりを聴いています。

 

しかし映画で流れてくる曲を聴いていたら、ベストだけではもったいないと思いました。

 

改めて一枚一枚聴いてみたくなりました。

 

そしてジョンレノンとポールマッカートニーのソロのアルバムを聴くけど、ジョージハリスンのソロアルバムは今まで全く聴かなかったので、聴き漁りたいと思います。

 

今度はジョンレノンの映画が再度上映されるようなので、見逃さないようにしたいです!

コメントを残す