“大予言”ってフレーズはキャッチーだと思う。

ギター沢田です。

 

Twitterからの情報によると、今日は巨大隕石が落ちてくる日との事です。

 

人類ピンチの予言って思えば昔から定期的に世に出てきますね。
小学生の頃はノストラダムス怖かったなあ…
いや、昔はそういう情報源ってテレビしかなかったじゃないですか。
そうなると子供には
「テレビも言ってる!」って慌てふためく訳ですよ。
昔は”テレビ=世間”だった気がする。
(まあ今も”ネット=世間”に変わっただけな気もしますが…)
そうなると大人達も騒ぐノストラダムスってやつはとんでもないやつだなと思うわけで…
んで、ゴールデンタイムにやっていたノストラダムス特集を真剣にみていましたよ。
ノストラダムスは医者だとか、本当は予言じゃなくてあの文章は詩なんだとか、色んな知識が付きました。
でも詩を予言と勘違いするもんかね…

 

…ということはひょっとしたらラピッドラビットの歌詞も100年後、予言として扱われているかも!
そしたら100年後の終末予言は歌と演奏付きで出回る訳ですね。
サブカルチックな科学者に
「この音階の並びには恐ろしい暗号が隠されている。」
とか言われちゃったり。
「サワダのギターの周波数をアフリカの言語に当てはめると、天からのメッセージになる」
とか無茶されちゃったり。
うーん、楽しくなってきた!
100年後の為に、何か伏線引いておこう。(ウソ)

 

沢田でしたー。

コメントを残す