人間失格

最近読んで良かった漫画を紹介します。

 

それは古屋兎丸の「人間失格」です。
原作は太宰治です。

 

原作も持っているのですが、昔の文章は単語や言い回しなどが分かりづらくて、なかなか頭に入りませんでした。

 

こちらは内容は原作と同じだけど、設定が現代風だし何よりマンガなのですぐに理解できました。

 

昔ヤンマガで古屋兎丸のオッパイのマンガを読んだ時は、まさかダークな作風の漫画家とは思いませんでした。
話の内容も好きなんですけど、絵がすごく好きですね。

 

人間失格は面白い内容ではないけど、人間の弱い一面を深く描いている所に引かれました。

 

原作は歴史的な名作だし、漫画化することは想像以上に大変な事だったと思うのですが、古屋氏は見事に世界観や絶望感を表現していると感じました。

コメントを残す