そのスピードで

ギター沢田です。

 

iPhoneを持ち出してしばらく経ちました。

ようやく使い方に慣れてきたんですが、まだまだでした。

さっき電車の中で見てしまったんです。

iPhoneの文字入力の達人を。

 

それはもう、華麗でしたよ。

いわゆる「両手打ち」ってやつなんですかね。

2本の親指でそれはもう凄いスピードで入力していました。

「シュシュシュ」という擬音が聞こえてきそうな。

 

でもね、僕の心が汚れているんですかね。

その人の姿がなんか周りに

「スマートフォンを使いこなす、スマートな俺」

ってアピールしてるように思えてしまったんです。

いや、これは悪いのは僕ですよ。

ひねくれた男の寂しい嫉妬心。

 

男ならば単なる嫉妬は駄目ですね。生産的じゃない。

必要なのは対抗心。ライバルが俺を成長させる、的な。

横に文字入力の達人がいたら、負けじと対抗して両手打ちで対抗するべき。

互いの液晶を気にしつつ、タッチパネルに青春を刻む。

せめぎ合う二人。本当のライバルは自分。

誤入力を恐れない心が勝利を生む。

この親指のスライドこそが俺たちの存在証明なんだ…

そんなこんな妄想してたら、達人と心の中で戦友になりました。

また一つ人間として成長できた。

汚い自分、さよなら。達人ありがとう。

 

今週はバンドリハーサルです。

コメントを残す